スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春です、春だが、春やんけ~:訂正有り

おはようございます、アヒルのとーさんです。

春らしい暖かさが続きますね。

我が家のクリスマスローズも今が盛りです。

DSC_1243_convert_20140323173400.jpg

原種のリヴィダス。

アズキ色の花がとてもいいです。

DSC_1224_convert_20140323173950.jpg

セミダブル糸ピコティ。

DSC_1169_convert_20140323174625.jpg

クリームイエローダブル。

DSC_1213_convert_20140323174241.jpg

たくさん咲いてくれていますが、もうじき花をカットしなくてはいけません。

とてももったいないです。

DSC_1255_convert_20140323172936.jpg

クレマチス・ペトリエイ。

フォステリー系の常緑クレマチス。

カートマニージョーより小ぶりの黄緑の花です。

今年お迎えしたカートマニーは咲きそうもないので

ペトリエイの開花株をお迎えしました。

DSC_1261_convert_20140323172816.jpg

八重咲き?水仙。

いつ植えたか覚えがありません。

そんなのばっかりです。^_^;

DSC_1279_convert_20140323172546.jpg

花かんざしも見頃です。

DSC_1248_convert_20140323173200.jpg

先日ブログでご紹介したヒヤシンスも咲きました。

とてもきれいなブルーです。

DSC_1199_convert_20140323174352.jpg

パンジーかな?ビオラかな?

DSC_1196_convert_20140323174509.jpg

ハンギングのビオラは今が一番きれいです。

DSC_1235_convert_20140323173555.jpg

家の前にタンポポが咲いていました。

DSC_1274_convert_20140323172712.jpg

オオイヌノフグリ。

DSC_1231_convert_20140323173706.jpg

オオイヌノフグリも結構好きな草花です。

この時期、近所の空き地や路肩でたくさん咲く姿をよく見かけます。

DSC_1227_convert_20140323173828.jpg

カキドオシホトケノザ。

追記:訂正いたしました。

いつもブチブチ引き抜いていますが、

よく見ると花はとてもかわいらしいです。

かわいいけど、やっぱりごめんなさいして

抜いちゃいます。

DSC_1283_convert_20140323172439.jpg

頂いたミズナに花が咲いてしまいました。

咲いてみるとこれはこれで結構きれいです。



ここのところ忙しくしており、なかなかご訪問できなかったり、

コメントを残せなかったり、不義理でスミマセン。

しばらくはこんな状態が続きそうてす。



最後までご覧くださり、ありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

春の息吹吾郎

こんばんは、アヒルのとーさんです。

先週土曜日、約1年ぶりに岐阜市の名和昆虫博物館に行ってきました。

DSC_0992_convert_20140317143741.jpg

岐阜公園の駐車場の方から歩いていくとこんな看板があります。

DSC_0993_convert_20140317143858.jpg

名和昆虫博物館の外観です。

DSC_0995_convert_20140317144550.jpg

入り口です。

ここに来る都度、前回では気がつかなかった

新しい発見を見つけ、とても楽しいです。

DSC_1005_convert_20140317144718.jpg

岐阜公園から見た金華山の岐阜城。

この日は風が冷たかったので金華山には上がりませんでした。


それではうちの庭です。

西側でも植えっぱなしの水仙がたくさん咲いてくれました。

DSC_1010_convert_20140317144844.jpg

水仙の奥はウィリアム・モリス(ER)。

3年生苗を地植えにしたのですが、

調子良くありません。

DSC_1011_convert_20140317144953.jpg

アップにしてみました。

DSC_1027_convert_20140317145105.jpg

水仙の横には土筆が出てきてます。

土筆が出るってことは西側の土壌は酸性が強いようです。

DSC_1036_convert_20140317145256.jpg

頭がちょろっと焦げてますね。

DSC_1047_convert_20140317145403.jpg

前回の記事の子とは違う初開花株。

スポットが綺麗ですね。

DSC_1049_convert_20140317174204.jpg

セミダブルのタグの付いた初開花株。

シングルになってしまいましたが、

こんなこともあります。

必ずしもタグ通りに咲いてくれるわけではありません。

ネクタリーの重ねが多いので、ひょっとしたらと来年に期待です。

DSC_1052_convert_20140317145515.jpg

3株目のブラック。

先の2株と違いブルーグレーの光沢があります。

DSC_1054_convert_20140317153602.jpg

前回ご紹介したビアンヴニュの横の地植えパープル。

DSC_1057_convert_20140317153717.jpg

ハンギングのビオラも綺麗です。


昨日、菌の黒汁、唐辛子入り木酢液、月桃エキスの約1000倍の希釈液を散布しました。
本日、草木灰、米ぬかを新芽にも掛かるようにうっすらと撒きました。

風が強かったので、とーさんも結構かぶってしまいました。(^_^;)


最後までご覧くださり、ありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

少しづつ春

こんばんは、アヒルのとーさんです。

暖かくなってきましたね。

クリスマスローズがたくさん咲いてくれています。

DSC_0900_convert_20140314141303.jpg

今年初開花のセミダブルホワイト糸ピコティ。

我が家で唯一のセミダブルです。

DSC_0910_convert_20140314141438.jpg

クリームイエローのダブル。

この子は上から押しつぶされたように咲きます。

昨年はうっすらピコティーがありましたが、

今年はただのクリームイエローです。

DSC_0897_convert_20140314142048.jpg

尾張旭市の森林公園からお迎えした名無しちゃん。

スポットがとても可愛い。

DSC_0920_convert_20140314141608.jpg

鉢植えのブラック。

DSC_0930_convert_20140314140429.jpg

これも初開花のダブルのパープル。

DSC_0940_convert_20140314140308.jpg

東側花壇のブラックのシングル。

今年は東側花壇のクリスマスローズの調子がよく、

日当たりはあまりよくありませんがたくさん咲いてくれています。

DSC_0964_convert_20140314135909.jpg

南側のビアンヴニュの横のパープル。

2年前はスポット入りでしたが、今年はありません。

DSC_0985_convert_20140314145026.jpg

東側の白のフラッシュ?アイ?

DSC_0945_convert_20140314140142.jpg

手前が白フラッシュ、奥がイエロースポット。

DSC_0960_convert_20140314142934.jpg

南側花壇の地植えヒヤシンスとクリロー。

このクリローは昨年調子が悪く咲きませんでした。

一昨年は白スポットの花が咲きましたが、今年の蕾がなぜだか赤いです。

ヒヤシンス、こうして見るとバナナみたいですね。

DSC_0933_convert_20140314142654.jpg

鉢植えのビオラも満開です。

DSC_0921_convert_20140314140655.jpg

ブルーベリー(おそらくティフ・ブルー)も小さいながらも芽吹いてきてます。

DSC_0954_convert_20140314140027.jpg

お正月寄植えの枝垂れ梅も咲き出しました。

DSC_0401_convert_20140208162219.jpg

2月の頭にオベリスクに誘引し始めたシャポー・ドゥ・ナポレオン(C)。

少しづつ少しづつ、枝を曲げて・・・

DSC_0924_convert_20140314140540.jpg

こんな感じになりました。

枝が上のほうに集まってしまい、下がスカスカですが・・・(^_^;)


最後までご覧くださり、ありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

鉢バラの土替え・剪定9&カイガラムシ対策

こんばんは、アヒルのとーさんです。

鉢バラの土替え剪定の記事も今回でおわりです。

シャルロット・オースチン(ER)

DSC_0659_convert_20140306140759.jpg

昨年の福袋でお迎えしました。

鉢の周りのカーリーヘアみたいなものはタイムです。

我が家ではタイムはなかなか育たないのですが、

シャルロットの鉢だけはボーボーになりました。

DSC_0660_convert_20140306140921.jpg

元々鉢が大きすぎたのか、根張りは今ひとつ。

DSC_0661_convert_20140306141039.jpg

やっぱり、こいつらが居りました。

しかし、このうち2匹だけは無実のハナムグリ幼虫さんです。

ハナムグリさんには丁重に戻っていただいて、

コガネムシ幼虫はバイバイキ~ン。

DSC_0662_convert_20140306141204.jpg

タイムも短く刈り込み、元の鉢に戻しました。

DSC_0364_convert_20140309135138.jpg

春のシャルロット・オースチン。

レモンイエローの花がとてもかわいいです。

香りはそんなに強く感じませんでした。


原種名無しバラ

蜷咲┌縺怜次遞ョ_convert_20140309133801

1年前にあいあいガーデニングさんからお迎えしました。

名前を聞いていたのですが、とーさんが忘れてしまった名無しさんです。

マルチのセダムがドレッドヘアのようになってます。

DSC_0798_convert_20140306141531.jpg

1年間7号角鉢に植えっぱなしにしていましたので根張りはいいですね。

マルチのおかげなのか、原種だから強いのかコガネムシは見当たりません。

蜷咲┌縺怜次遞ョ2_convert_20140309133935

8号菊鉢に植え替えました。

昨年剪定したらまったく花が咲かなかったので、枯れた枝のみ整理しました。

ピンクの一重の花が咲いてくれるそうです。

トゲ無しノイバラ(Sp)

・会スイ・奇セ橸セ誉convert_20140309134106

こちらもあいあいガーデニングさんからお迎えしました。

マルチには同様にセダムを植えています。

DSC_0804_convert_20140306141915.jpg

7号角鉢に植えっ放しだった為、根鉢がガチガチでした。

この根鉢にもコガネムシ幼虫は見当たりませんでした。

・会スイ・奇セ橸セ・_convert_20140309134220

このバラも昨年冬に剪定した為、花を見ることができませんでした。

10号スリット鉢に植え替え、枯枝のみ剪定しました。



ここからはカイガラムシ対策です。

我が家では毎年、カイガラムシが発生します。

香りのいいフェリシア、ナエマ、スブニール・ド・ラ・マルメゾンの3種が

特に多くつきます。

一昨年までは歯ブラシで擦り取るだけでしたが、

昨年よりニームオイルを使うようになりました。

理由は簡単で、マシン油乳剤が効果あるなら

ニームオイルも油だからいいんじゃないかな?という安易なものでした。

IMG_0310_convert_20130420205721_convert_20140309145315.jpg

とーさんが使っているニームオイルです。

このニームオイルNewアクトLGの良いところは、

レモングラスを使用しているのでさわやかな香りがするところです。

追記:一部修正しました。

DSC_0807_convert_20140306142140.jpg

容器にニームオイルを入れます。

DSC_0808_convert_20140306142241.jpg

大体10倍ぐらいの希釈になるように水を入れると

白く乳化します。

乳化した状態のニームオイルも多いですよね。

DSC_0810_convert_20140306142354.jpg

フェリシアの株元です。

昨年と比べるとカイガラムシは半減してます。

DSC_0811_convert_20140306142454.jpg

カイガラムシの発生しているところに、希釈したニームオイルを歯ブラシで擦った後です。

白いツブツブは気泡です。

DSC_0836_convert_20140306142606.jpg

乾くとこんな感じです。

さすがにつるバラなどに大量に発生してしまったら、

こんなふうにチマチマできませんが。(^_^;)

このニームオイルの使用方法にこのような使い方は記載されていませんし、

10倍ぐらいという希釈率も特に根拠もなく、弱った株には影響が出るかもしれません。

あくまでとーさんのやり方ですので、やってみようという方は自己責任でお願いしますね。





最後までご覧くださり、ありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

鉢バラの土替え・剪定8:コガネムシはどれ?

こんばんは、アヒルのとーさんです。

なんとか鉢バラの土替え・剪定もひととおり終えることができました。

ブログの記事ももう1回ぐらいで終わりそうです。

ボレロ(F)

DSC_0628_convert_20140306130605.jpg

昨年、小牧のあいあいガーデニングさんからお迎えしました。

秋まで花を我慢しましたが、イモムシに蕾を食べられ散々でした。

DSC_0630_convert_20140306130715.jpg

10号鉢ですが、根張りもいい方です。

根鉢を崩していたら、ハナムグリ幼虫がポロポロ出てきました。

が、しかし、一番最後に出てきたのは、コガネムシ幼虫。

鉢の中にいっしょに住みついていました。

DSC_0633_convert_20140306130838.jpg

ボレロの鉢の中にこれだけおりました。

どれがコガネムシ幼虫か、わかりますか?

答えは一番最後に載せますね。

DSC_0636_convert_20140306130953.jpg

ハナムグリ幼虫は鉢の中に戻し、コガネムシ幼虫とはサヨナラしました。

続いて、ムンステッド・ウッド(ER)

ムンステッドウッド

これもボレロといっしょにあいあいガーデニングさんからのお迎えです。

10号スリット鉢ですが、結構大きく伸びました。

わかりにくいですが、赤いラインがムンステッド・ウッドの枝です。

DSC_0640_convert_20140306131217.jpg

根張り、いいですねぇ。

言う事、ナッシング!

DSC_0643_convert_20140306131331.jpg

剪定後。

ちょっと長かったかな?

DSC_0052_convert_20140308163050.jpg

秋のムンステッド・ウッド。

実物はもう少し深い赤色です。

ロサ・ケンティフォリア・プラータ(C)

DSC_0648_convert_20140306131458.jpg

200年以上前に、作られた一季咲きのバラで、キャベツレタスのような葉が特徴です。

別名キャベッジローズレタスリーブドローズ。

追記:訂正しました。

春に花フェスタからお迎えしました。

ブッシュ仕立てにしようと思っていたのですが、伸びてしまいました。

DSC_0649_convert_20140306131607.jpg

8号菊鉢での根張りは今ひとつ。

DSC_0651_convert_20140306131752.jpg

10号スリット鉢に植え替えて、ビアンヴニュの前のフェンスに誘引しました。

DSC_0625_convert_20140308164852.jpg

春のプラータは香りもとてもいいです。

アンブリッジ・ローズ(ER)

DSC_0652_convert_20140306131903.jpg

12月に土替えをしたアンブリッジ・ローズの剪定をしました。

今回は少し長めにしてみました。

植えっぱなしの原種チューリップも芽が出てきてますね。

DSC_0338_convert_20140308164159.jpg

春のアンブリッジ・ローズ。

我が家のバラの中では比較的早咲きです。






それでは先ほどの答えです。

コガネムシ2

赤〇で囲ったこいつがコガネムシ幼虫です。

1匹だけ少し黄みがかっているので判りやすいですよね。



最後までご覧くださり、ありがとうございました。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

鉢バラの土替え・剪定7&スーパーセールでお迎えしたバラ

こんばんは、アヒルのとーさんです。

鉢バラの土替え・剪定の続きです。

ギー・サヴォア(Del)

DSC_0600_convert_20140305163343.jpg

このバラは1000円の処分苗でお迎えしました。

DSC_0603_convert_20140305163445.jpg

8号スリット鉢に植えていますが、なかなかの根張りです。

DSC_0606_convert_20140305163602.jpg

短めに剪定しました。

DSC_0230_convert_20131020151927.jpg

秋のギー・サヴォア。

絞りがとてもきれいです。

続いて、クチュールローズ・チリア(河本バラ園)

DSC_0608_convert_20140305163725.jpg

このバラもギー・サヴォアと一緒に処分苗としてお迎えしました。

DSC_0609_convert_20140305163857.jpg

根張りはボチボチですね。

DSC_0610_convert_20140305164046.jpg

少し長めの剪定になりました。

こうして写真で見てみると、

ちょっと長すぎたかな?

DSC_0068_convert_20131008135752.jpg

手前の薄紫色のバラがクチュールローズ・チリアです。

バラっぽくない花姿、香りもそこそこいいです。

ピエール・ドゥ・ロンサール(Cl)

DSC_0616_convert_20140305164351.jpg

あまりにも人気のつるバラ。

春に新苗でお迎えしました。

ブッシュ仕立てにするつもりでしたが、

放ったらしていたので伸びてしまいました。

DSC_0618_convert_20140305164518.jpg

根張りもかなりいいです。

DSC_0619_convert_20140305164651.jpg

10号鉢に鉢増しし、ブッシュ仕立てにするつもりで短めに剪定しました。

コレッタ(Cl)

DSC_0622_convert_20140305164950.jpg

クライマーらしいのですが、ランブラーのように横に伸びてます。

上のピエールと比べると樹形の違いが良くわかります。

DSC_0624_convert_20140305165111.jpg

このバラの根張りもとてもいいです。

DSC_0625_convert_20140305165235.jpg

10語鉢に鉢増しし、オベリスク仕立てにしました。

DSC_0172_convert_20140307155051.jpg

お迎えしたときに咲いていたコレッタ。

アプリコットピンクのボタンアイがとてもかわいいです。

微香らしいのですが、とてもいい香りがしました。




先日の楽天スーパーセールでバラをお迎えしました。

DSC_0842_convert_20140306124936.jpg

ル・シエル・ブルー(Sh)です。

ブルーローズの欲しいリストに入っていなかったのですが、

送料込みだし、ポイント使えるし、

見ていたらだんだん欲しくなってお迎えしちゃいました。

DSC_0841_convert_20140306124802.jpg

もうこんなに葉が出ています。

まだ寒いので霜枯れしないように

夜は玄関に入れています。

DSC_0844_convert_20140306125109.jpg

気持ち剪定しました。

後は置くところをどうするか、ですね。(^_^;)

最後までご覧くださり、ありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

鉢バラの土替え・剪定6:大きくなってしまったジキタリス

こんばんは、アヒルのとーさんです。

3月に入って、寒波がきていますね。

皆さん体調にはくれぐれもお気をつけください。

さて、毎度毎度の鉢バラの土替え・剪定です。


レディ・エマ・ハミルトン(ER)

DSC_0578_convert_20140305153648.jpg

10号鉢に鉢増ししてから調子を悪くしました。

DSC_0581_convert_20140305153804.jpg

見えている根は雑草のものです。

地面に直置きしていたので、シマミミズが10匹ほど侵入していて

用度の水はけが悪かったのが原因と思われます。

DSC_0582_convert_20140305153912.jpg

枝を短めにカットし

8号スリット鉢にサイズダウンし、鉢台の上に載せることにしました。

DSC_0497_convert_20130523212227.jpg

春のレディ・エマ・ハミルトン。

とてもいい香りです。

続いて、フランシス・ブレイズ(Gen)

DSC_0585_convert_20140305154046.jpg

夏に処分苗としてお迎えしました。

10号鉢に植えています。

DSC_0586_convert_20140305154234.jpg

とてもいい根張りです。

エマちゃんと隣同士で地面に直置きしていたのですが、

この違いはなぜ?

品種による違いでしょうか?

DSC_0590_convert_20140305154352.jpg

そのまま10号鉢に戻し、短めに剪定しました。

DSC_0434_convert_20131119094033.jpg

秋に咲いたフランシス・ブレイズ。

このバラも香りがとてもいいです。

エブタイド(F)

DSC_0592_convert_20140305154534.jpg

赤紫の花色、香りがすばらしく春に新苗でお迎えしました。

結構な横張りです。

DSC_0596_convert_20140305154848.jpg

8号スリット鉢に植えていましたが、根張りもとてもいいです。

DSC_0599_convert_20140305155008.jpg

横張り樹形なので内芽の上で剪定しました。

DSC_0091_convert_20131011154506.jpg

秋のエブタイド。

フロリバンダだけあって、花付きもいいです。


ローズ・ドラジェ(HT)

DSC_0420_convert_20130907204616.jpg

秋にご紹介したときに、こぼれ種からジキタリスが生えてきていました。

DSC_0654_convert_20140305155125.jpg

それが冬にはこんなんになってしまいました。

野菜のようなジキタリスでローズ・ドラジェが隠れてしまっています。

放ったらかしすぎですね。

DSC_0655_convert_20140305155236.jpg

根鉢がジキタリスの根でいっぱいです。

DSC_0656_convert_20140305160003.jpg

なんとかローズ・ドラジェとジキタリスを分けることができました。

ドラジェは8号スリット鉢に移しました。

DSC_0912_convert_20140306224814.jpg

ちなみにドラジェは微香です。

名無しちゃんでお迎えしたので咲いてみるまでどんな花か判りませんでした。

うちにあるバラとしては珍しい品種です。




最後までご覧くださり、ありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

地植えバラの剪定&ブラックデスから復活したクリロー

こんばんは、アヒルのとーさんです。

日に日に暖かくなり、スギ花粉の舞う季節になりました。

庭での作業も少しづつ辛くなってきました。


2月18日に地植えバラも剪定しました。

古い話でスミマセン。(^_^;)

ナエマ(Del)

DSC_0546_convert_20140303135635.jpg

2mをゆうに超えて、写真にも全体が納まりません。

DSC_0557_convert_20140303135900.jpg

昨年は1mあたりで剪定しましたが、花が咲くころには

目の高さ以上まで伸びてしまったので今回は50cmあたりまで切り詰めました。

アイスバーグ(F)

DSC_0559_convert_20140303140113.jpg

先日地植えにしたアイスバーグ。

後ろがごちゃごちゃしていてわかりにくいですね。

DSC_0562_convert_20140303140225.jpg

割り箸の太さで切りました。

ビアンヴニュ(Del)

DSC_0564_convert_20140303140337.jpg

オレンジの線で囲った枝がビヨヨ~~ンと垂れています。

春の花後と秋に強めの剪定をしましたが、けっこう伸びています。

DSC_0565_convert_20140303140457.jpg

40cmぐらいの高さのところで剪定しました。

DSC_0646_convert_20140303183336.jpg

昨春のビアンヴニュ。

花弁が雨で傷んでいますが、1本の枝にこれだけの花が咲きました。

ガートルード・ジェキル(ER)

DSC_0568_convert_20140303140617.jpg

これも先日地植えにした株です。

DSC_0569_convert_20140303140728.jpg

1本だけビヨーっと伸びてしまったので、

他の枝と高さをあわせるために30cmぐらいで剪定しました。

ダム・ドゥ・シュノンソー(Del)

DSC_0573_convert_20140303140853.jpg

つるバラとして誘引したくてフェンス際に植えているのですが、

イマイチ大きくなってくれません。

DSC_0576_convert_20140303141035.jpg

この方も割り箸サイズの枝で切りました。

今年は延びてくれるといいのですが・・・


2年前にブラックデスで瀕死状態だった

クリスマスローズが復活してくれました。

ブラックデスはクリスマスローズにとってかなり致命的な病気です。

DSC_0763_convert_20140303141549.jpg

2012年の3月末に処分品としてお迎えした大株です。

2鉢お迎えしたのですが、1ヶ月もしないうちに2鉢ともブラックデスになってしまいました。

原因はおそらく剪定ばさみです。

DSC_0791_convert_20140303141304.jpg

それまで剪定ばさみを消毒したことがなく、

バラもクリローもクレマチスもその他の植物も

全て1本の剪定ばさみを使いまわしていました。

うちに元々いたクリローは大丈夫だったのですが、

お迎えしたばかりで環境に慣れていなかったのかもしれません。



お迎えした当時の同じクリロー。

全然違う花に見えますね。

当時は記録として残すことを考えていなかったのでブラックデスの写真はありませんが、

株全体にタールが付着したような感じになりました。

新芽は出てくるのですが、すぐにタールが付着した状態になってしまいます。

何かの本でオルトランが効果があるかもしれないと読んだので

ダメ元で鉢全体にうっすらと雪が積もった様にオルトランをまぶしました。

そしてがーちゃんの行けないところ、他の草花にオルトランの影響がないところに隔離しました。

もちろん夏場には水をあげています。

その年の冬に2株のうち、この株だけ新芽が出てきてくれました。

もう一株は残念ながら芽吹くことはありませんでした。



ブラックデスに罹ったもう一鉢のクリロー。

白のセミダブルです。

鉢ごと処分しました。



今は株ごとに剪定ばさみを消毒しています。

といっても、園芸用の消毒薬ではなく、消毒用エタノールですが。

エタノールでも今のところ問題なくきているので、

そのまま使い続けようと思ってます。

一株は生き残りましたが、もう一株は亡くなってしまったので

オルトランの効果があったのかはわかりませが、

何もやらないよりはいいかな、と思ってます。(^^)



最後までご覧くださり、ありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
プロフィール

アヒルのとーさん

Author:アヒルのとーさん
バラちゃんとクリローちゃんに、はまっています。
時々、アヒルちゃんたちが出てきます。
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいまんぼ〜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。