スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の庭バラ

こんにちは、アヒルのとーさんです。

日中もかなり寒くなり、

長袖シャツを引っ張り出して着ています。

これから益々寒くなっていきますが

体調を崩さないよう、

皆様、お気をつけくださいませ。

台風前のうちの庭ではポツリポツリと

バラが咲いてくれていました。

ムンステッド・ウッド



クラウン・プリンセス・マルガリータ



アーチの上の方で咲いてます。

アブラハム・ダービー



今年お迎えしたダービーさん。

放ったらかしのせいか、

シュートも出ず、ちっさいままです。

フランシス・ブレイズ



ピンボケですね。


ル・シエル・ブルー



かなり小さな花が咲きました。

粉粧楼



マルゴス・シスター



粉粧楼もマルゴス・シスターも5月は

マイマイガの大発生で丸坊主でした。

センチメンタル



ギー・サヴォア



シュシュ



ラ・フランス



秋明菊



もう秋明菊の咲く季節なんですね。

昨年ピンクの八重をお迎えしたはずなのですが、

どこに行ってしまったのか記憶がありません。



がーちゃん、お客様をお出迎えしてくれる時もあるのですが、

たまに通せんぼしてしまいます。^^;



最後までご覧くださり、ありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

たいへんご無沙汰しております

こんばんは、アヒルのとーさんです。

長らくご無沙汰しております。

ブログを更新していない間にも

あたたかいコメントをたくさんいただき、

とても嬉しかったです。

本当にありがとうございます。

あっという間に春バラの季節が過ぎ、

梅雨と夏も過ぎて、

朝晩は寒いぐらいに涼しくなりましたね。

今年はせっかくウドンコと黒点の被害が

少なかったにもかかわらず、

うちのまわりではマイマイガが大量発生。

バラを愛でるよりも毎朝マイマイガ退治に

明け暮れておりました。

肥料が足らなかったのか、マイマイガのせいなのか、

花数も例年に比べてとても少なく、

一眼で撮った写真も少ないながらも

アップしたかったのですがPC絶不調の為、

iphoneで撮影した、さらに数少ない5月、6月の画像です。

イブピアッチェとムンステッドウッド



切り花にしてお店に飾りました。

スブニール・ド・ラ・マルメゾン



花が痛んでます。

フランソワ・ジュランビル



目にみえて花付きよくありませんでした。



それでも一年に一度、この花を見ると癒されます。

コーネリア



7月も8月も咲いてくれていました。

そして、9月のコーネリア





花色が濃く、香りもいいです。

ボレロ



アイスバーグ





今年は品種によって夏剪定をしたりしなかったり

結構アバウトです。

朝晩かなり冷えてきたし、

たまに花がら摘みするぐらいです。



家の西側には、またススキが生えてきました。

ほとんど放置状態だった鉢バラからも

ススキが生えてきて、根が深く張ってしまい

抜くのに往生しました。

東側の空き地にススキが自生しているので

風でタネが飛んでくるんですね。




お店のバタースコッチ





大苗でお迎えしてやっととーさんの背を越して2mぐらいまで伸びました。

奥にはがーちゃん用のミニトマトがバラの肥えでボーボーに繁っています。

このミニトマトのせいでアルベリック・バルビエが隠れてしまうし、

地植えにした原種のヘレボルスは日が当たらず、

枯れてしまいました。


がーちゃんは相変わらず、自由です。



好きな時に遊んで、好きな時に好きなところで寝て、

お腹が空いたらおやつを催促する毎日を過ごしてます。



死んだように眠るがーちゃんとアヒルランプ

がーちゃんのこの寝姿を見た時は本当に

死んでしまったのかと焦りました。



鏡に映る自分に見惚れています。

写真を撮られるのが好きなので、

お客様の前でもちゃんとポーズをとりますよ。





ところで、とーさんの体重ですが、

4月のアブレーション後、食が細くなり

そのまま食事量を継続し続けたところ、

6月には夢の70kg台になり、

今も77kgをキープしております。

80kg越えしていた時は体重で膝を

痛めたりしましたが、最近は調子が良くなりました。

それにしても10kg減ってもお腹が出ているのは、

なんでだろ?



最後までご覧くださり、ありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

ご無沙汰してます

こんばんは、アヒルのとーさんです。

先月末に心房細動のカテーテルアブレーションを終え、

5月1日に退院しました。

温かいお見舞いや励ましのコメント、本当にありがとうございました。

とても嬉しくて、心にしみました。

8時半から準備し始め、13時前には元気に病室に帰ってきました。

元気だったのは麻酔の効きが悪かったので

モルフィネを通常の倍の量にしてもらったからなのですが、

モルフィネが切れたら副作用の嘔吐が

あまりにもひどく、そして食道の炎症で胸やけもあり、

退院後の夕方まで何も食べれませんでした。

そのおかげで手術前、87kgに戻っていた体重が、

食が細くなったこともあり今では83kg台まで落ちてくれました。

この調子をキープしなくては・・・

そんなとーさんを温かく迎えてくれたのが

フランシス・デュブリュイ。

DSC_1448_convert_20140507191428.jpg

開花1号です。

玄関近くに居て、とてもいい香りを漂わせてます。

それから、がっかりしたこともありました。

DSC_1450_convert_20140507191536.jpg

ナエマの新芽が全部バラクキバチにやられてしまいました。

写真で元気に伸びている新芽も翌日にはやられてしまいました。

昨年、アブラムシの高層マンション状態だったコーネリア、

今年は助っ人が沢山きてくれてました。

DSC_1456_convert_20140507191631.jpg

ナナホシテントウの成虫とアブラムシ。

DSC_1487_convert_20140507191926.jpg

こちらはナナホシテントウの幼虫。

たらふく食べて元気に走り回ってました。

ベンチアーチのスヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン。

DSC_1508_convert_20140507192347.jpg

蕾が結構かじられてます。

DSC_1510_convert_20140507192459.jpg

もうすぐ咲きそうです。

今年は気候のせいなのか、それともアグリチンキと

菌の黒汁の散布が功をそうしているのか、

ウドンコ祭りは回避しております。

DSC_1467_convert_20140507193712.jpg

マルメゾンの葉も酷くてもこんな感じです。

DSC_1465_convert_20140507193430.jpg

一番酷い粉粧楼の一部の葉でもこんな感じです。

白い粉は米ぬかです。

梅雨がきてもこの状態を維持できればいいのですが。


最後までご覧くださりありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

バラの蕾と心房細動

ご無沙汰しております、アヒルのとーさんです。

日中は暖かくなりましたね。

我が家でもちらちらと蕾が上がってきたバラがでてきました。

フランシス・デュブリュイ(T)

DSC_1421_convert_20140408160347.jpg

赤いバラ、とても楽しみです。

ル・シエル・ブルー(Sh)

DSC_1418_convert_20140408160232.jpg

お迎えした時点で葉っぱが繁々でした。

白モッコウバラ(Sp)

DSC_1422_convert_20140408160450.jpg

鉢植えで駐車場のフェンスにジュランビルの反対側から誘引しています。

やっと蕾が出てくれました。

昨年はノン剪定に徹しましたのであちこちに蕾が出てくれてます。

2年ぶり(といっても一昨年は一輪のみ)の開花が期待できそうです。

DSC_1446_convert_20140408161105.jpg

白モッコウの鉢にはムスカリが盛りを過ぎてしまってます。

DSC_1443_convert_20140408161246.jpg

モッコウバラの上にはユキヤナギがこれも盛りを過ぎてしまいました。

DSC_1434_convert_20140408160941.jpg

隣の空き地に咲いていたムスカリとヒメオドリコソウ。

DSC_1353_convert_20140408161628.jpg

冬越しした多肉ちゃんも元気です。

DSC_1429_convert_20140408160727.jpg

暖かくなってきて雑草さんも増えてきました。

この季節は抜いた雑草をバラの株元になんちゃってマルチとして毎年敷いています。

DSC_1426_convert_20140408160609.jpg

梅雨あたりからは雑草の量も半端なく増え、ゴミ袋に入れて処分してしまうので

雑草マルチはこの季節限定です。

夕方には菌の黒汁、アグリチンキ、月桃エキスの希釈液を散布しました。

DSC_1354_convert_20140408161512.jpg

お久しぶりーふのがーちゃんです。



火曜日午前中に病院に行ってきました。

先週土曜日に朝から調子が悪く、昼ごろから動悸がおこり、時間が経っても治まらないので

病院で受診すると心房細動ということでした。

昨年WPW症候群のカテーテルアブレーションの手術を受けたのですが、

手術数日前にもWPWが誘発する心房細動になり、

そのときは全身麻酔をして電気ショックで発作を止めました。

アブレーション後はひょっとすれば心房細動も起こらないかもしれないとのことだったのですが

今回は心房細動単独での発作でした。

心房細動によってできた血栓で脳梗塞を起こすリスクがあるため、

月末に2泊3日で手術を受けることにしました。

手術までは血液をサラサラにする薬で血栓を予防するので、

血が固まりにくくなり、怪我などで出血できません。

手術の際、カテーテルを通すこと自体は不安はないのですが、

心臓の裏の食道に炎症を起こさないように

鼻から食道まで温度計を通すらしく、

ビビリなのでそっちの方がとても不安です。^_^;



最後までご覧下さりありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

鉢バラの土替え・剪定9&カイガラムシ対策

こんばんは、アヒルのとーさんです。

鉢バラの土替え剪定の記事も今回でおわりです。

シャルロット・オースチン(ER)

DSC_0659_convert_20140306140759.jpg

昨年の福袋でお迎えしました。

鉢の周りのカーリーヘアみたいなものはタイムです。

我が家ではタイムはなかなか育たないのですが、

シャルロットの鉢だけはボーボーになりました。

DSC_0660_convert_20140306140921.jpg

元々鉢が大きすぎたのか、根張りは今ひとつ。

DSC_0661_convert_20140306141039.jpg

やっぱり、こいつらが居りました。

しかし、このうち2匹だけは無実のハナムグリ幼虫さんです。

ハナムグリさんには丁重に戻っていただいて、

コガネムシ幼虫はバイバイキ~ン。

DSC_0662_convert_20140306141204.jpg

タイムも短く刈り込み、元の鉢に戻しました。

DSC_0364_convert_20140309135138.jpg

春のシャルロット・オースチン。

レモンイエローの花がとてもかわいいです。

香りはそんなに強く感じませんでした。


原種名無しバラ

蜷咲┌縺怜次遞ョ_convert_20140309133801

1年前にあいあいガーデニングさんからお迎えしました。

名前を聞いていたのですが、とーさんが忘れてしまった名無しさんです。

マルチのセダムがドレッドヘアのようになってます。

DSC_0798_convert_20140306141531.jpg

1年間7号角鉢に植えっぱなしにしていましたので根張りはいいですね。

マルチのおかげなのか、原種だから強いのかコガネムシは見当たりません。

蜷咲┌縺怜次遞ョ2_convert_20140309133935

8号菊鉢に植え替えました。

昨年剪定したらまったく花が咲かなかったので、枯れた枝のみ整理しました。

ピンクの一重の花が咲いてくれるそうです。

トゲ無しノイバラ(Sp)

・会スイ・奇セ橸セ誉convert_20140309134106

こちらもあいあいガーデニングさんからお迎えしました。

マルチには同様にセダムを植えています。

DSC_0804_convert_20140306141915.jpg

7号角鉢に植えっ放しだった為、根鉢がガチガチでした。

この根鉢にもコガネムシ幼虫は見当たりませんでした。

・会スイ・奇セ橸セ・_convert_20140309134220

このバラも昨年冬に剪定した為、花を見ることができませんでした。

10号スリット鉢に植え替え、枯枝のみ剪定しました。



ここからはカイガラムシ対策です。

我が家では毎年、カイガラムシが発生します。

香りのいいフェリシア、ナエマ、スブニール・ド・ラ・マルメゾンの3種が

特に多くつきます。

一昨年までは歯ブラシで擦り取るだけでしたが、

昨年よりニームオイルを使うようになりました。

理由は簡単で、マシン油乳剤が効果あるなら

ニームオイルも油だからいいんじゃないかな?という安易なものでした。

IMG_0310_convert_20130420205721_convert_20140309145315.jpg

とーさんが使っているニームオイルです。

このニームオイルNewアクトLGの良いところは、

レモングラスを使用しているのでさわやかな香りがするところです。

追記:一部修正しました。

DSC_0807_convert_20140306142140.jpg

容器にニームオイルを入れます。

DSC_0808_convert_20140306142241.jpg

大体10倍ぐらいの希釈になるように水を入れると

白く乳化します。

乳化した状態のニームオイルも多いですよね。

DSC_0810_convert_20140306142354.jpg

フェリシアの株元です。

昨年と比べるとカイガラムシは半減してます。

DSC_0811_convert_20140306142454.jpg

カイガラムシの発生しているところに、希釈したニームオイルを歯ブラシで擦った後です。

白いツブツブは気泡です。

DSC_0836_convert_20140306142606.jpg

乾くとこんな感じです。

さすがにつるバラなどに大量に発生してしまったら、

こんなふうにチマチマできませんが。(^_^;)

このニームオイルの使用方法にこのような使い方は記載されていませんし、

10倍ぐらいという希釈率も特に根拠もなく、弱った株には影響が出るかもしれません。

あくまでとーさんのやり方ですので、やってみようという方は自己責任でお願いしますね。





最後までご覧くださり、ありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
プロフィール

アヒルのとーさん

Author:アヒルのとーさん
バラちゃんとクリローちゃんに、はまっています。
時々、アヒルちゃんたちが出てきます。
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいまんぼ〜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。