スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米ぬか発酵肥料の仕込み&リンゴとソラとツルとカメ

こんばんは、アヒルのとーさんです。

今日はお休みだったので、

尾張旭市に買い出しに行ったついでに

いなやといううどん屋さんに行きました。

人気店だけあってお昼時は並んでいました。



ジャンボきしめん大(盛り) てんぷらのせ

人気メニューはたくさんありますが、

とーさんは必ずこれを注文します。

カツオだしにかき揚げがとても良く合い、

麺は普通のきしめんのようにテロンテロンではなく、

コシがあってモチモチでとても美味しかったです。^ ^

メドーセージ



ビアンヴニュの周りに植わっています。

夏にあまりに激しく大きくなっていたので

雑草と間違えて結構抜いてしまいました。

それでも旺盛に咲いています。



西側のススキの下にピンク色の花が咲いてきました。



何を植えたのか覚えがなく、

ひょっとして雑草なのかな?そんなわけないですよね~。

それにしても綺麗な花です。

フランシス・デュブリュイ



放ったらかしていたら、ローズヒップがなっていたのでそのままにしてます。



来年のために、米ぬか発酵肥料の仕込みをはじめました。



今年使った米ぬか発酵肥料を種にして

駄温鉢に米ぬかを仕込みました。

米ぬかは昨年同様、小学校のそばの

コイン精米機からいただきました。

今年は米ぬか発酵肥料にプラスして

もう一種類堆肥を作ろうと思います。




そして、うちのインコとカメの食事風景です。

コザクラインコのリンゴ爺さんと

訳あってうちに来たボタンインコのソラちゃん、

ロシアリクガメのツル(奥)とカメ(手前)です。

久々のレタスにかじりついています。

少々長いですが、よかったら見てください。





最後までご覧くださり、ありがとうございます。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ブログ再開します。

こんばんは、アヒルのとーさんです。

お見舞いのコメントを下さった方、ブログ未更新にもかかわらず訪問してくださった皆様、

本当にありがとうございます。

かーさん、無事に退院することができました。

かーさんの入院中は長男、次男の弁当を詰めたり、

3男坊が風邪を引いたり、小学校の通学路の旗当番をしたり、

てんやわんやで主婦の大変さを身にしみて実感しています。

ブログも少しずつ更新していきたいと思います。


それでは、ブログお休み前からの庭の花です。

ルイ14世(Ch)

DSC_0373_convert_20131029154448.jpg

ナエマ(Del)

DSC_0395_convert_20131110161023.jpg

フレグランス・オブ・フレグランシズ(HT)

DSC_0397_convert_20131110161114.jpg

ラ・フランス(HT)

DSC_0398_convert_20131110161205.jpg

ヴァンテロ(Gen)

DSC_0404_convert_20131110161309.jpg

クレマチス ジングル・ベル

DSC_0387_convert_20131110160833.jpg

挿し木苗に花が咲きました。

DSC_0378_convert_20131110160742.jpg

少しアップにしてみました。

DSC_0391_convert_20131110160932.jpg

玄関の軒下のミントの花にヤマトシジミがきました。

DSC_0376_convert_20131110160544.jpg

先日仕込んだ米ぬか発酵肥料に白い菌糸ががでてきました。

この写真は仕込んで2日後です。

DSC_0377_convert_20131110160650.jpg

2日おきぐらいに撹拌し、2度ほど天地返しをしました。

その都度、水を足して発酵を促しています。

そして骨粉を500g追加して、

N:P:K=3:6:3にしました。


最後までご覧くださり、ありがとうございました。

コメント欄は閉じさせていただいています。

米ぬか発酵肥料の仕込み

こんばんは、アヒルのとーさんです。

3男坊が今日から1泊2日の修学旅行に行きました。

修学旅行の定番、京都・奈良です。

天気予報を見ると天候が思わしくなさそうですが、

それもまた思い出になるので、めいっぱい楽しんできてもらいたいと思います。


来年使用する米ぬか発酵肥料の仕込をしました。

今後の為の記録として記事にさせていただきます。

毎年、小竹幸子さんの『無農薬でバラ庭を』をみてつくるのですが、

いつもテキトーで材料の量を測ったことがなく、

米ぬかザァー、籾殻くん炭パーッ、骨粉入り油かす1袋、牛糞バラバラッ、という感じでした。

つくり方を真似ているだけで、参考にしているなんて言える代物ではありませんでした。


最近、農文協編『自然農薬のつくり方と使い方』という本を読んでいて

適肥という言葉を知りました。

植物も人間と同じで栄養失調ならフラフラで病弱だし、

栄養過多でも人が成人病になるように病気になってしまう、ということに納得させられました。

今頃になって、という感もありますが・・・

それで今回はチッソ・リン酸・カリの比率に気をつけながら

米ぬか発酵堆肥を作ってみることにしました。

米ぬかは小学校の傍のコイン精米機から頂いてきて、

そのほかはHCで買ってきたり、家にあったものを使いました。

今回使用した材料

米ぬか 5.9kg

米ぬか発酵肥料(今年の残り) 3.9kg

ニーム核油粕 4.0kg

なたね油粕 1.5kg

バットグアノ 2.3kg

草木灰 0.8kg

骨粉 0.5kg

もみ殻くん炭 0.5kg

もみ殻(余ってたので) 0.3kg

総量 19.7kg

米ぬか発酵肥料ともみ殻の肥料分がわかりませんが、だいたい

チッソ(N):リン酸(P):カリ(K)=3:6:4

になりました。

発酵米ぬかの元種にはEM菌を使ってます。

材料を段ボール箱に入れ、発酵を促すために水を注ぎ攪拌するのですが、

今回は余っているえひめAI-2を500mlと残りは水を入れました。

材料をギュッと握って、ポロッと割れるくらいまでの水の量です。

DSC_0363_convert_20131029154310.jpg

混ぜたものです。

1年通して使うには少ない量なので元肥には使わず、

春からの追肥として使用する予定です。

米ぬかの量がやや少ない気がしますが、発酵が弱かったら米ぬかを足したいと思います。

その時はNPKの比率が変わっちゃいますが・・・

しつこいようですが上記の内容はあくまで記録の為であり、

とーさんなりの解釈で作っており、

端折っているところも多々ありますので

正しい作り方は小竹幸子さんの著作をみてくださいね。



それでは、先週末からの庭のバラです。

粉粧楼(Ch)

DSC_0254_convert_20131028142241.jpg

ちっちゃくて、中心が可愛いピンク色になりました。

コーネリア(HMsk)

DSC_0260_convert_20131028142201.jpg

黄色いしべがとても可愛い。

フランシス・デュブリュイ(T)

DSC_0280_convert_20131028141850.jpg

鉢ごと1.3m下に落下したことをものともせず、とても深みのある赤黒に咲いてくれました。

フェリシア(HMsk)

DSC_0358_convert_20131028141430.jpg

ハート型の花弁がとてもかわいい。



最後までご覧くださり、ありがとうございました。
宜しければ、1クリックお願いします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村



追肥と御嶽山

こんばんわ、アヒルのとーさんです。

今日は暖かく、いい天気でしたね。

朝からバラちゃんたちに追肥をしました。

米ぬか発酵肥料に、

DSC_0206_convert_20130503201542.jpg

バットグアノ1kg、ミリオンと草木灰を少々を混ぜ混ぜし、

DSC_0208_convert_20130503201718.jpg

鉢の端っこにホジホジして投入し、

DSC_0209_convert_20130503202039.jpg

ホジホジした土で覆いました。

DSC_0210_convert_20130503202135.jpg

追肥やりが終わったところで、毎年恒例の子ども会のキャンプの申し込みに行ってきました。

天気がよく御嶽山がきれいに見えました。

IMG_0375_convert_20130503202730.jpg

iphoneで撮影しました。

ちっちぇ~!

デジイチを持って行かなかったのが悔やまれます。

プロフィール

アヒルのとーさん

Author:アヒルのとーさん
バラちゃんとクリローちゃんに、はまっています。
時々、アヒルちゃんたちが出てきます。
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいまんぼ〜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。